会社に弁当持参で節約

弁当持参は節約の第一歩 サラリーマン世帯は現代では決して贅沢ができない時代となっています。それは日本がデフレ経済から脱却できず、サラリーマンの年収がのびなやんでいるからなのです。昇給やボーナスもカットされたままの企業も多いものです。給与が上がらず、消費税などが増税されたことで、尚一層サラリーマン家庭は打撃を受けることとなっているのです。そのため家計を支えるお父さんのお小遣いの平均も三万円や二万円程度とも言われています。嗜好品でタバコやお酒、缶コーヒーなどを毎日購入していると、月末にはお小遣いは底をつきる状態になるのです。

そのため同僚や友人と一杯呑みにいく楽しみも我慢しなければいけないのです。そこで世の中のお父さんはお小遣いのやりくりを強いられているのです。特に平日の昼食を外食にすると、月末に一切お金が残らない状態になってしまいます。またコンビニで弁当を買うにしても、ボリュームが足りず夕方にはお腹が非常に空いてしまうのです。そこで昼食は会社に弁当持参するとよいのです。妻に晩のお米を炊く量を増量してもらい、残りを弁当に詰めて会社にもって行くと良いでしょう。おかずを作ってくれるのは妻なので、日頃から家族サービスをし妻に弁当を作ってもらえるよう努めるのも大事な事です。
Copyright (C)2017弁当持参は節約の第一歩.All rights reserved.